2020年7月 3日 (金)

高野山で考えたこと その22

高野山駅から南海りんかんバスに乗って、まずは奥の院に向かいます。

この日のバスの乗客は、私を入れて3名程度しかいませんでした。

終点の奥の院で降りたのは、私ひとりでした。

到着したのが午前9時頃だったのですが、奥の院に行く参道にはほとんど人がおりませんでした。

少し寂しい感じの参道で、いつにも増して、両脇にある樹木の高さを感じました。

9721f30f2a8c41ffada7f891ee0266ee B77d56cfe1364edf866e9e869a884f5d 01adaabb960643faa888ebafeaa2ee8c

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

2020年7月 2日 (木)

高野山で考えたこと その21

極楽橋からケーブルカーに乗ります。

この日は、早朝という事もあったのですが、乗客は少なくて、空席が目立ちました。

やはり、コロナウイルスの影響を感じざる得ません。

 

今がまだ、日常には遠い事を感じます。

なんとも言えない寂しさを抱えながら、一番後ろの席に座って、だんだんと下界が遠ざかって行くのを見ていました。

 

E2ad621a3a754c66974197627b455407

06bfeeef1cdd4b4ab55a972f8ed26796

9a5e249eebfc49658114819f7aa0ce9e

2748f62b28de4253a2411bcd37032650

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

2020年7月 1日 (水)

高野山で考えたこと その20

高野山へは基本的に列車で参ります。

南海電車に乗って極楽橋までやってまいりますと、いよいよ高野山に来たぞという感じがいたします。

俗世間から神聖な場所に行く間にだんだんと気持ちが引き締まって行くような気がするのです。

この半年はあまり良い事が無かったなぁと思っていても、ここに来れば、新しい気持ちに切り替わるような心境になります。

こんな気持ちが持てるから、何度もお参りするのかもしれません。

B31e42f557f5446db8f4bbdaaeaeccee 2f5ce0415ee544f9aecb3f102196dada 079431742af944b99f22cd326cae0548 Cbd6af52a7cb45beb7994c2033a289ab

お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

2020年6月30日 (火)

高野山で考えたこと その19

今年のお正月に昨年の大晦日から高野山に参らせていただきました。

それからはや半年。

あっという間の半年でした。

ふたたび、高野山を参らせていただきました。

この半年はいつもの年よりもいろんなことがありました。

私事ですが、父の不調。

そしてコロナウイルスによって、すっかり変わってしまった世の中。

半年前の高野山では思いもしませんでした。

でも思いもしない事があるのがこの世の中です。

いろんな思いが交錯する中、先日、県をまたがる移動が認められました。

慎重な行動が求められる事はしっかりと意識しながら、いろんな事を払拭したくて、高野山にやってまいりました。

5c1457f50e48412b8444b7bf7d366129 116b0bdb01784d7a9b6a5883a1c424ba E84e91ade62d4c2d92decb9f07ea8194 C1c62f2f895f4dd4a1b61a8e0cf3595f

 

お付き合いくださいまして、ありがとうございました。

 

2020年6月29日 (月)

T散歩 #48

夕刻の六郷土手の写真は今回で最終回です。

撮影していますと、時間を忘れてしまいます。

もうそろそろ帰らなくてはと思いながらも、ぐずぐずと撮影をしてしまいました。

5623c7199eeb4e0ba9b81af139ed72d3 F90aaec6076d4b099581f703fad46410 117fc7292a5e41449c2bd98fdbbe1e4d 4e22aeb1262f4e26a57a85e23d95d467

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

2020年6月28日 (日)

T散歩 #47

光が短い時間でどんどん変わっていくのは、写真撮影する上ではとても難しいのですが、一方ではとても楽しいものです。

同じような構図であっても、まったく違った雰囲気の写真になっていきます。

この雰囲気をなんとか写真で伝えたいと思いながら撮影しました。

Fdfeab188d8f43cb8ca763d8a3284fb8 8a741ad61fa042f7a2f1ea7730149417 350b46a71401435cb2c9507d13025b79 653e1f2135784754be01b6882477b494

お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

2020年6月27日 (土)

T散歩 #46

西の方を見て見ますと、いよいよ日が落ちてまいました。

夕焼け空はとても美しくて、何枚も写真を撮ってしまいます。

逆光での撮影も楽しいものですね。

267c12a983bd47718c9841d457ac3a9e 3c5dcc2accae45b89a87d3b74d439f3d

 

列車が光を横から受けています。

少し時間が違うだけで、撮る写真はかなり違った雰囲気になって、おもしろいものですね。

 

3ba285cbcccc4a958b26abe3ec6e7227 2681ab788d7b49c5aa0042cfdab34fe0

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

2020年6月26日 (金)

T散歩 #45

日が落ちていくにつれて、光がどんどん横からになってきました。

列車を横から照らして、車両のボディが輝いて見えました。

97529302d1d74929822f2f56e9a06940 7f211e7484644868a794a0781e99afa9 Dd1b7f0991b2430d9370def634548e64 B06c68003ab344ce841a46db0adeb494 7c6b04ad37de4e468f668c0e598e41d1

列車の写真ばかりになりましたがご容赦くださいませ。

光が変わっていくので、何枚撮影しても飽きません。

かなりの数の撮影をしてしまいました。

その割に「決定的な瞬間」はありませんでしたが、、、。

 

ご覧くださいまして、ありがとうございました。

 

2020年6月25日 (木)

T散歩 #44

近くのマンションやビルが夕陽を浴びて輝きます。

高層の建物群があちこちで見られる、都会らしい光景が広がっています。

 

E0a6c193474a47b6bdc77f8b7868e424

 

D31701fd482140a9b75e659e00f0a288

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

2020年6月24日 (水)

T散歩 #43

京急線とJR線に挟まれた場所でそれぞれの線を通る列車を撮影します。

通勤する方々の帰宅時間なので、この時間は多くの列車がひっきりなしに通過していきます。

 

そして、夕陽が刻々と沈んでいく時間帯ですので、光線の状況も刻々変わっていきます。

だんだんといい感じになっていきます。

 

181700252b1a47cfa19d50d705ba3cd7 55d596b2f3ac4c2486dfa004ba711140 Ef798d502fd646e8adac1ef7c65910fb 1585114c9c6d4aef913a1e0e6b2b2d02

望遠レンズが無かったので、少し遠目からの撮影となりました。

ご覧くださいまして、ありがとうございました。

 

«T散歩 #42

フォト
無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ウェブページ