« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月28日 (水)

鉄欠乏症 #8 身延線その2

昨日の「とある駅」とは沼久保駅のことでした。

8cab7d5e957d4798bb9232d5bd1e644b


D890d4826d194a19b585a4dff3165e88


Ba82d87bc303402b8408b7e58e6344f2


2018年2月27日 (火)

鉄欠乏症 #7 身延線その1

今年1月のとある早朝に身延線のとある駅で撮影しました。

6f77801f188f4af5b26b47b05353e9c3


E487ffcfefe84b4f92af06915194cee3


2018年2月26日 (月)

鉄欠乏症 #6 御殿場線その2

特急あさぎりは、私の大好きな列車です。主に御殿場線谷峨駅で撮影したものです。

F5cd26818cd346b7be6bfce8305edf2e


3faf9c6af3d04336b23d8900762a8018


2315180034d64c64b6fdfbd2922439bb


2018年2月25日 (日)

富士見道中憶 #8

これもお正月に撮影したものです。

646c7924b1b14783890ed4a71f5849dc


D14778aef8df4957838114c7de39a539


2018年2月24日 (土)

富士見道中憶 #7

田貫湖からの富士山です。お正月に撮影したものです。

28a4d90a752048d2ba2fd1b0387ec767


5aabc0d38f9441f4b4932546d9dd6a35


2018年2月23日 (金)

光を感じながら・・#6 新春の鎌倉その5

梅以外にも花が咲き始めていました。まず咲くということで名付けられたらしいマンサクなど。

5ae92b9f8b064a10bfd7b3ac6741aaa2


7da63eafb4f0416da76ba3b48660ec14


78b802ec0460440ea7b773c9db7aa04d


2018年2月22日 (木)

光を感じながら・・#5 新春の鎌倉その4

今週は鎌倉の春の風景写真を載せています。引き続き、花の写真をご覧ください。

0e0f7c4349274609b32adf20aadfc37c


Bcfe69b997d1496680cdc23d2cd6c280


Ddda7debb59f4552902c1daca9422bee


2018年2月21日 (水)

光を感じながら・・#4 新春の鎌倉その3

新春の鎌倉をモノクロ写真で伝えたいと思います。敢えて、暗めのトーンで撮影しております。

780c854581204ed996c1909dd2926a4c


D19ea3ff69164e86862a7183b81d75be


9a580326a6c3486892f2115956d6f315


Dc013396f8064a5caaa4875ceb7732a2


21a11ca6a10f4d55bd8672aa3314095c

全て、PENTAXの K-1にオールドレンズのpentaxM135㎜を付けて撮影し、lightroomでRAW現像、調整をしています。マニュアルフォーカスでピント合わせに苦労しました。加齢とともにファインダーが暗く感じます。開放f値3.5のレンズの影響もあるかも知れません、、、。

2018年2月20日 (火)

光を感じながら・・#3 新春の鎌倉その2

円覚寺さんでの梅の映し絵です。

B54c2116b2584f5aba83a43b752be344


218e7f10fe76457d99db3f0e4d6e23f0


2018年2月19日 (月)

光を感じながら・・#2 新春の鎌倉その1

一昨日、新春の鎌倉に行ってきました。花はどうかなぁと思いながら歩きました。皆様、安心してください。少しずつ咲き始めていますよ。

469f0e090c2641c988b63ddd4bc7b765


5f7870dccc234a769231a5f8ee8cf91e


04ff0e39a19d47a3b776d7b8f9b756f6


F75e182decd341c4baa813b8e7878c05


2018年2月18日 (日)

富士見道中憶 #6

子抱き富士という呼び方でよろしいのでしょうか? 手前に小さな山を抱えた富士山です。正月一日に撮した目出度い富士山をご鑑賞ください。

Ff4efdadb2df47b6a11b3d1700734313

9257e0c24dad406180cdb53dae8de3be


5fb6d0696de3496ea67b292c6449658b


2018年2月17日 (土)

富士見道中憶 #5

1月の早朝に身延線の沿線駅の近くから。

9d0bc3f1a4c74b0abf2065a77b590067

月が小さく。月と富士山🗻。

5177e0d432654913af33ef21077b66d0


2018年2月16日 (金)

富士見道中憶 #4

本栖湖から見た富士山です。1月にすそ野ウオークした時に撮りました。

72ab1e01d7d44592aecdef49b5661747

下の写真の黄色い船は「もぐらん」というそうです。詳細を知りたい方はもぐらんで検索してみてくださいませ。

3b4a8b99c2a3412e8ba85cc5cf078b86


2018年2月15日 (木)

富士見道中憶 #3

2月4日に青木ヶ原樹海の中の遊歩道を歩いてきました。積雪が結構あって、歩きづらかったですが、晴天で爽快なウォーキングが味わえました。
30e581265f7f401eb1df5923de47fe5d


B89e623140cf4fd98cf6506a07a0e6b0


2018年2月14日 (水)

光を感じながら歩きました #1 川越

嫁さんから、小説の舞台になっているので見てみたいと言われて、川越に行ってきました。お洒落なお店がたくさんあって楽しめました。


3efc0c632bcc4ff99938e1e98158e3a6


A5ecc7d27aa14878a4b87d5d4c03b9c2


9336117457784902a251799533918566


1d0be8ad5624420e8e84bb059e67e62b


04ae32b5302e42baba31d028443945cd


75e628f0e8484f978a5d55720a6603bb


909487c02ad84d8685a23dbea141d3fa


2018年2月13日 (火)

猫のいる風景

猫は自由だ。自由奔放で人間のことなんか気にもしない。でも大人しく写真を撮らせてくれる時が時々はある。そんな時のカットです。


4daf7a2038794b36a47f996cbf008edd


A46b83c514314015acc8d6e81f5c2a63


2018年2月12日 (月)

富士見道中憶 #2

富士山は、360度どの方角からも姿を見ることができ、それぞれの趣きがあります。頑張れば、1日の内に東西南北各方向から写真を撮ることも可能です。もちろん雲や日光の状況次第でうまく撮れないことが多々あります。限られた撮影チャンスをモノに出来る方は素晴らしいし、努力もされておられます。
私はまだまだ努力不足なので、もっと精進して少しでも良い写真をここに載せていきたいと思っております。
277a7a81a0ab46b9980a1be6db001285


E9afa1d44ecf4fddbbe0eb08fc540882


2018年2月11日 (日)

富士見道中憶 #1

家からも天候次第ですが富士山は見えます。毎朝ベランダから富士山方向を眺めて、「今日は見えたから、ラッキー」とか思いながら、力を貰っています。
大きな富士山が見たくて、富士山の近くに遊びに行くことも多いですね。昨年の1月から「富士山すそ野ウオーク」のツアーに参加させていただき、毎月1回、全17回をかけて、富士山の周りを歩いて1周する企画のツアーにチャレンジしてます。それ以外にも富士山付近への旅行に何回か行きましたので、昨年1年間で概ね20回ほど富士山を見に行ってます。旅行で天候が良く富士山が見えた確率はほぼ50%。夏は見えないことが多くて、かなり残念なこともありました。「晴れていればこの鳥居の上に富士山が見えますよ」と言われて、イメージトレーニングしたこともしばしばありました。だから尚更のこと、また富士山を見に行きたくなります!

247e2305e2294b4eba736645aceba1fa


2018年2月10日 (土)

鉄欠乏症 #5 小海線 野辺山駅

標高1345.67mにある野辺山駅はJR線の最高駅です。
9afc9e500672486eaec6243339a6929a


F835cd4b02384532bb15c3dd2ca6ae89


2018年2月 9日 (金)

鉄欠乏症 #4 小海線 秋

何故、この時期に秋の写真なんだよーという突っ込みが聴こえてきそうですが、昨日に冬の小海線の写真をお見せしましたので、比較もしていただきたくて、あえて秋の写真をアップします。
この季節もとっても良いですね。

5e7bebce373e4c11936b17aa96aaaac4

F32eecd25852412097805aeb6e6ca52f

4f28c3faee6949f2adffff50c4e8463f


5aed63d6f4e142778511f4c90b7356e7


2018年2月 8日 (木)

鉄欠乏症 #3 小海線 冬

小海線が大好きで何度も訪れたくなります。特に大曲の撮影ポイントは有名で、多くの人々が何度も訪れています。季節によってその趣きも異なり、毎回、違った美しさを私たちに見せてくれ、幸せを与えてくれる小海線を本当に愛しく感じています。


06a1ad4e7e3f4e3d87e0a5b48857486e

1ba7b6575ece4a8cbbf9f717820e5a59


6fbe555ad04c477184b5cdb0bef8fb75


6007cdea91af4fc3ac34ea2ce235a36d


2018年2月 7日 (水)

夕景 #4 七里ヶ浜海岸

鎌倉へは自宅から比較的近いのでよく行きますが、観光客が多いので、写真を撮るのには気を遣います。いつまでも写真を趣味にしたいので、写真のマナーには気をつけて、地元の人や観光客にも嫌われないように細心の注意を払います。撮り鉄の時は尚更ですよね。
先日、乗り鉄の友達に、撮り鉄は敵だと言われて、ショックを受けました。どうか皆様、撮影マナーには気をつけますので、撮影をお許しください。

A328bdb8090846989b456897357f3795
七里ヶ浜海岸から富士山方向です。

B941516c92a6423aa3850e87420c2297
鎌倉高校前で撮りました。

2018年2月 6日 (火)

夕景 #3 富士山

富士山は、日々その姿を変えて、私たちを楽しませてくれます。
その姿は永遠にあるかのようにも感じられますが、毎日、毎刻の見え方の変化は、むしろ移ろいゆく時間の冷酷さの方を強く感じます。この瞬間の富士山は二度と出会えないのだと覚悟して、いつも富士山を見ます。畏敬の気持ちを持ちながら・・・。

Fb2f1b8177664c6cada9c4c99dc4f021


2018年2月 5日 (月)

夕景 #2 京都

昨年の12月に京都で撮った夕景です。

F05c9f93d9a947569b9ed47a237aeb0d


2018年2月 3日 (土)

夕景 #1 工場 in Kawasaki

人生も終盤になると、夕景が身にしみます。
夕景を見るたびに、子どもの頃に感じた寂しさが甦ってきます。1日が終わってしまうのだというさびしさを大人になっても感じ続けています。でもそれがいいのです。懐かしい思い出や漠とした不安感、終わりゆくことへの悲しみが混然として、私を包み込む感覚が良いのです。
もちろん、単純に夕焼けは美しい。赤であったり、その後の青であったり、色が様々に変化する様は、何回見ても飽きません。しかも一度として同じ日暮れはなく、その刹那感に心が揺さぶられます。
そんな刹那を少しでも残したくて、写真を撮るのだと思います。そして、それを他の人とも共有したい。この感動をみんなで共感したい。そんな思いで写真を撮っています。

68dcdd0b94ea4a0ea1187b1fc77234bf


099501a6bcac4dc7bfdb589437e5a151


4088992b6c094032a35b78fc671ee947


74e42048d34a4f58916190b986014a6d

4b11d1e7ec0b4d91b0eed12c1e7946a3


2018年2月 2日 (金)

鉄欠乏症 #2 御殿場線


JR御殿場線といえば、富士山をバックにして走る列車が定番ですね。
ということで1月に撮影した富士山がらみも含めてお届けします。

A4141eaa6b40496cba6be91065c75734


A5c87692394f4e4087aa7ea1c7e16d0e


Bb9972656f514e81a4f7210440370313


731d3842398b4978831951ace40c32ba

いかがでしょうか?

2018年2月 1日 (木)

ダイヤモンド富士

富士山が好きです。観ているだけで気持ちが引き締まる思いがします。
ましてやダイヤモンド富士を観ていると、自然の大きさに圧倒されてしまいます。

今年の元日と1月21日にダイヤモンド富士を撮影しましたので、ご覧ください。
幸せな気持ちになっていただけたら、うれしいです。

F842261f453147b2a8dbcf2294d5952b

上の写真が、元日の日の出を撮ったものです。はやく言えば「初日の出」。

4b4ca9d843634b8c8c1d6ec146b7c072

この写真は、日の入りを撮影したものです。どちらがお好みでしょうか?
撮っている時は興奮して無我夢中でした。撮影チャンスは限られており、短時間の勝負でした。
こうすれば良かったという悔いもあって、もう一度チャレンジしたいという気持ちにさせられました。
再度撮影することができましたら、またアップしますので是非ご覧ください。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »