« 思考訓練の場としての写真 #3 なぜなぜ | トップページ | 思考訓練の場としての写真 #5 かんどう »

2018年3月10日 (土)

思考訓練の場としての写真 #4 なにを

何を写真の対象にするのかをカメラマンは選択します。「感動できる」被写体を探してそれを主題に写真を撮るのですが、世の中のありとあらゆるものが対象になりえますよね。好みも勿論ありますし。
さて私は、ここで未来の自分に問い掛けます。「君は何を見たいのかね?」
風景、電車、動物、植物、花、そして旅で見つけたもの。そうです。私は節操が無くて、なんでも撮りたがる人だったんです。
でも「感動できるものである事」。何て抽象的なんでしょうか! だから、私の写真は「ありふれた光景」に毛が生えた程度なのかなぁと思います。
「何かにテーマを絞って、その撮影を追求する」のが正論なのでしょう。でも、未来の自分はそこまで望んでいません。美しく、感動が伝わる色んな写真に囲まれていれば、私は幸せなのです。そして、そこに撮影した時の記憶が残っていれば、未来の私は間違いなくとっても満足なのです。
こんな心構えで写真を撮っていていいでしょうか? これで写真は上手くなるでしょうか?

478ffe22349d46ea918091cee618c2b5


« 思考訓練の場としての写真 #3 なぜなぜ | トップページ | 思考訓練の場としての写真 #5 かんどう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思考訓練の場としての写真 #4 なにを:

« 思考訓練の場としての写真 #3 なぜなぜ | トップページ | 思考訓練の場としての写真 #5 かんどう »

フォト
無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ