« 思考訓練の場としての写真 #25 なつのさつえい | トップページ | 光を感じながら・・・#40 観音崎砲台跡その1 »

2018年7月27日 (金)

思考訓練の場としての写真 #26 うそつき

「美しい所だけが見えるように写真を撮る」と言うと、ある意味、「写真が事実と異なる」ようなニュアンスがあります。

よく観光地のパンフレットの写真を見て、その美しさに大いに期待しながらその場所に行ってみたら、
写真と実際の風景とにギャップを感じることがありますよね。

そんな時は「写真にだまされた」と思うかもしれません。

「写真はうそつき」と言って、撮影術を指導されるプロカメラマンの方もいらっしゃいます。

私は、写真加工ソフトでモノまで消してしまうのは、CG(コンピュータ・グラフィックス)であって、従来の「写真(と呼んでいたもの)」とは違うもののように思います。

でも作者(カメラマン)が意図して、美しい部分だけを切り取って見せるのは写真の技術であり、作者の才能による芸術だと思います。

写真を見る側から言っても、被写体の美しい所に気づかされる事は、とても幸せな事だと思うのです。

もっと言えば、人は「自分が見たいものしか見えない」のではないかと思います。
人は、「見たくないもの」は、無意識のうちに「見えない」ものにしていくのだと思います。

人が見たくないものを敢えて写真で見せて、真実に気づかせることも写真の役割かもしれません。
そういう写真を撮られる方も必要だと思います。

でも私は、人がずっと見ていたくなるようなものを撮りたいです。
世の中が美しさに溢れていることが感じられるような写真を撮りたいと思っています。


4116d221e4e14b879f8a26d982150cd9


« 思考訓練の場としての写真 #25 なつのさつえい | トップページ | 光を感じながら・・・#40 観音崎砲台跡その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思考訓練の場としての写真 #26 うそつき:

« 思考訓練の場としての写真 #25 なつのさつえい | トップページ | 光を感じながら・・・#40 観音崎砲台跡その1 »

フォト
無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ