« 思考訓練の場としての写真 #27 さつえいすぽっと | トップページ | 鉄欠乏症 #45 磐越西線その1 »

2018年8月 1日 (水)

思考訓練の場としての写真 #28 よちのうりょく

今回は「写真撮影の上達には予知能力が必要だ」という話です。

決定的なシャッターチャンスに遭遇しても、何の準備もなければ、なかなかモノにすることは出来ないと思います。

私は何度もシャッターチャンスを掴めなかったことから、チャンスは予知して、準備した上で対応すべきとの結論に達しました。
準備は、写真機材はもちろんなのですが、その時が来てもあわてないという心の準備も含みます。

「予知なんて出来るの?」という疑問に対して、以下具体的に私の考えを書きます。
そういう方向で努力していきたいと思っておりますが、出来てないことも多いですが・・・。

レベル1 乗物系
鉄道や飛行機などの撮影での予知(予測)です。時刻表があるので予想はできます。
例外は新幹線の「ドクターイエロー」です。新幹線の点検用車両で黄色い車両が大人気ですね。時刻表が外部に開示されておらず、ファンのネット上の情報が頼りですが、その通りに来ないこともあります。

レベル2 植物系
季節の状況に応じて、何がターゲットになるかを予知します。桜などネット上に情報がありますので予想は比較的簡単ですね。
でも実際のところはわかりませんので、ターゲット変更の想定は必要だと思います。

レベル3 天候系
天気予報の精度が昔に比べて良くなっていますが、急な天候変動でもシャッターチャンスを逃さないようにしなくてはなりません。
急に雪や雨が降り出しても、慌てず撮りたいものです。カメラを守るビニール袋は常備しています。
雲の動きや夕焼けが赤くなるかなどの予想には経験が必要ですね。私が出来るのは、どちらになっても困らないように準備するぐらいです。
例えば富士山が雲で見えなければ、マクロレンズに交換して、花にターゲットを変えるなどです。

レベル4 動物系
鳥や蝶がいつ飛んできても、猫やリスがいつ現れても、逃さずシャッターを切りたいものです。
動物の姿が見えている時は、次の行動を予測して、シャッターを押すタイミングを考えておきたいものですが難易度は高いですね。
猫の行動は私には予測困難。

レベル5 人間系
人間の行動予測は難しいと思いますが、日頃の行動パターンを知っていれば対応可能と思います。
例えば、鉄道の駅員さんの日常の安全確認行動は予測可能です。
なお、こどもの行動予測は不可能です。

いかがだったでしょうか?
まだまだ他にありそうですが、いかなる場面でもあわてず写真を撮れるよう、
「予知能力」を磨いてまいりたく精進します。

2cfa5dc4ea2c4ab5a0e9922d6a5c8a59


« 思考訓練の場としての写真 #27 さつえいすぽっと | トップページ | 鉄欠乏症 #45 磐越西線その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思考訓練の場としての写真 #28 よちのうりょく:

« 思考訓練の場としての写真 #27 さつえいすぽっと | トップページ | 鉄欠乏症 #45 磐越西線その1 »

フォト
無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ