« 鉄欠乏症 #114 銚子電鉄外川駅その2 | トップページ | 光を感じながら・・・#68 只見川その1 »

2018年11月20日 (火)

思考訓練の場としての写真 #29 しかられる

最近、ボーと生きてるなあと自分自身の事を思う。チコちゃんに叱られそうである。

せめて写真撮影の時ぐらいはシャキッとしようと思うのだが、どうも何も考えずに撮る事が多い。


撮った後の写真現像の時とかだと、比較的「ああしよう」とか「こうしよう」とか考えているのだが、肝心の撮影の時には、被写体に夢中でほとんど何も考えていない。

身体レベルで撮影技術が身についてる訳でも無いので、ど真ん中に被写体を入れて、ピントを合わせるのに必死になっている。


要するに、余裕が無いのだろう。落ち着いて、構図や光を計算しているどころではないのだ。
取り敢えず、被写体を取り損ねないようにシャッターを切っている。

最近のカメラは優秀だから、それでも写真は撮れる。更には現像時点で、トリミングして、露光や色彩を調整できる。

しかしながら、そんな事だから腕前が上がらない。全く申し訳ない次第である。
何に一番申し訳がないかというと、出来上がった写真に申し訳ない。


撮ろうという気持ちは出ていると思うのだが、「私の写真には何か足りない」気がする理由がそこにあるように思う。

「写真の主題を文章化して撮る」というプロ写真家の話を本で読んだ事があるが、そういう事なのかなぁとも思う。

「〇〇寺の紅葉」ではなくて、「木漏れ日を浴びた〇〇寺の紅葉が、一枚だけ輝いている姿」と言う事を頭に浮かべないと良い写真は撮れないのだろう。


という事で、反省だけなら猿でもできる訳で、実践していくしかないと思っている。


41cfa8ed7f034bfda94f79f86045d66f


« 鉄欠乏症 #114 銚子電鉄外川駅その2 | トップページ | 光を感じながら・・・#68 只見川その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今晩は。初めてコメント致します。
単刀直入にお聞きします、(カメラによる)写真とは、もととなる原風景を可能な限り「再現」
することを意図するものでしょうか、それとも原風景とは別物の新しい風景を“創造”しよう
とするものなのでしょうか。私はカメラ写真はまったく素人なので、素朴に前者なのだろう
と思ってしまうのですが、ここの「写真カテゴリー」の方々は御自分なりの芸術的レベルを
追求されているように私には思えるのですが、そうであれば後者のほうかなと思えるので
すが、だとすればカメラ機器の撮影性能の高度化にビビッドに反応されるのは、後者より
は前者にこだわりがあるからだと思えてしまうのですが、如何でしょうか?‥‥このような
括り方がそもそもピント外れなのかもしれませんが‥‥ 

おはようございます。
昨晩はコメントをしていただき、ありがとうございました。また、ブログを見ていただき、ありがとうございます。

私も写真撮影を勉強中の素人ですので、お答えができるようなレベルに無くて、申し訳ありません。

ただ、参考にならないでしょうけど、私が写真を撮る目的を言うと、「美しいものなど、感動したものを伝えたい」です。そう言う意味でしたら「再現」なのでしょうけど、所詮は写真は二次元の小さな画像ですから、そもそも本当の素晴らしい光景を全て写真で再現できるはずは無いと思っています。

だからこそ、感動が少しでも伝わるように、自分が感じた、印象に残る形や色を切り取り、最も感動した、大切と思う所に焦点を当てるように写真を撮っています。そこに創造の余地があるのではないでしょうか?

同じ光景を同じ優秀なカメラで撮っても、撮る方によって、様々な写真になります。単純に景色を切り取るだけでは、感動が十分に伝わらない事もあります。(単純に撮ってももちろん美しい光景はありますけど)
だから、工夫して感動を伝えようとするところに写真の楽しみがあると思っています。

感動を伝える為に、精密な描写が必要と思えば、良いレンズが欲しくなりますし、遠くのものを切り取るのに優秀な望遠レンズが欲しくなったりします。だから良い機材も欲しくなります。後は腕前とのバランスかも知れませんね。

ご参考にしてください。

今晩は。
私の素人っぽい質問に誠に丁寧なご説明ありがとうございました。
美しい景色を見て、この美しさが撮影される写真でいかに他人(観る者)に伝えられるか
の工夫・努力の点に写真家の創造性が発揮される、ということですね。よく分かりました。
「美の再現に創造性が生かされる」ということを忘れずにお写真を拝見して参りたいと思
います。

平戸皆空さま
こちらこそ、拙い説明で失礼しました。
正しいことを言っているかどうかもわかりませんので、こういう考え方もあるという程度でお願いします。
これからも写真を楽しみましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思考訓練の場としての写真 #29 しかられる:

« 鉄欠乏症 #114 銚子電鉄外川駅その2 | トップページ | 光を感じながら・・・#68 只見川その1 »

フォト
無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ