« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月30日 (金)

鉄欠乏症 #121 会津大塩駅その2

会津大塩駅は郷愁を感じさせられる駅でした。
秋の風景が似合う駅でもありました。
小雨が降っていましたが、少しも気になりませんでした。

Aac1c3479dd4468eb9426ba405b199a5


4b2498663b694185a2f632db18fff92a


Abd804c260cc4ee9844429a25e309a24


6d3b37b6e0bc40ea959dda0bfca95542


2018年11月29日 (木)

思考訓練の場としての写真 #32 シニカメのたしなみ

私はスマートでカッコイイ「シニア世代のアマチュア・カメラマン(略して、シニカメ)」になりたいと思っています。
そこで、スマートなシニカメの嗜み(たしなみ)を考えることにしました。
私が考えるカッコいい姿ですので異論反論があると思います。ご寛容くださいませ。

ひとつ。

大好きなSL(蒸気機関車)など、撮りたいものが目の前に来ても、こどもよりも前に出ない。
人様より先に前に出て写真を撮るような、大人げ無い事はしない。
シニアの余裕で、場所は譲って、後ろの方から写真撮影をします。
「撮れないときは潔く諦める事」と常々自戒しております。


ふたつ。

カメラを持ってうろうろしている内に「こけない」こと。滑ったり、つまずいたりもしない事。
怪我をして痛いのは自業自得ですが、年寄りが怪我をするとあちこちに迷惑をかけます。
ちなみに私は、カメラを庇いながら転けて、お尻に怪我をしたことがあります。


みっつ。

出来るだけ、三脚は使わない。
三脚ほど、人様の邪魔になる物は無いように思っています。写真を撮らない人から見れば、尚更のことだと思います。
スローシャッターでの撮影でどうしても三脚が必要な時以外は、極力使わないようにしています。
いわんや、三脚で場所取りをするような事はしないようにしましょうね。


まだまだありそうです。
常に自分を戒め、みんなが気持ちよく写真撮影を楽しめる社会に貢献したいと思います。


7f535931a6434a47873eb9d1a2945003


鉄欠乏症 #120 会津大塩駅その1

会津大塩駅に行きました。この駅は2011年の豪雨災害によって不通になっている区間にあり、現在は運休中です。不通区間は2021年度の復旧予定とのことで、現在はバスが代行運転中です。

少し寂しい雰囲気もありましたが、どこか懐かしさを感じさせられる駅で、初めて来た気がしませんでした。今度は列車に乗って訪れたいと思いました。

B8c42b87cee3426abe6c15a46e53d214


0b580bf314074ff7bc33045823b7088b


7851e7e24cc0485eb32e10b4ce0d694c


Dee8f8455c6c490d87cf598d54567155


2018年11月28日 (水)

鉄欠乏症 #119 会津川口駅その3

会津川口駅から見えた風景は本当に素晴らしいものでした。
緑の映り込みに、思わず何枚もシャッターを切っていました。
感動を少しでもお伝えいたしたく、写真をアップしましたのでご覧下さい。

225309b5403f47c8873b035e8fbee6e1


D355398c6aab4f388805d8cd58618de4


00def1d1acc2468b86f4d154b18a0dd3


2ebbe92d4e554798a93c2e7a5cee5639


Eef62f9cc1354f0a806d1e0657540353


2018年11月27日 (火)

思考訓練の場としての写真 #31 こうじょうしん

年をとっても「向上心」を持ち続けている人は若さが保てるらしい。
確かに高齢にも関わらず目標に向かって頑張っている人は、とにかく元気だ。


翻って私はどうかと言うと、恥ずかしながら、最近、向上心らしきものがどんどん無くなっているのを感じる。
「今更、努力しても無理だ」というあきらめの気持ちが強い。

自分でも「これではいけない」と思っている所もある。何か趣味でも何でも良いので、頑張るものが必要だと思って「写真撮影」をやっている部分が正直ある。


そう思ってやってる写真撮影の趣味が、結果的には、結構、私には合っているようだ。
勿論、「写真自体が好き」なのが一番の理由なのだが、写真撮影には「競争していく」部分が少ないのが、自分の性分に合っているようなのだ。

他の趣味だと、例えばゴルフとかスポーツ関係だと、どうしても勝ち負けみたいな所が出てくる。
ランニングとかでは、タイムが目標になって、それ自体が自分との勝負みたいな感じになる。結果もシビアに数字で現れるものが多い。

文科系のものでも、やれ資格とか検定とかを目標にしたり、学校に通ったりする人も多くいらっしゃるが、私は今更、試験で自分を評価されたくない。
半世紀以上も他人に評価され続けた人生に飽きがきている。
人様から認知されなくても良いが、評価されたくも無い。

要するに、この年(老人)になれば、自分で自分を評価し、行動も結果も全部自分だけで背負うものだと思うのだ。
だから、できる限り自分を客観的に見て、自分で評価し、出来なかった悔しさをモチベーションにして、向上心を燃やすようにしている。


こういう態度が良いのは、他人と比較するのではなく、他者の基準で無い、自分自身が感じた基準で自己評価し、本当に自分自身で良いと思えるものだけをつくっていこうという気持ちになれる所だと思う。

こういう態度なので、他者からの評価でマイナスの気持ちになる事は全く無い。プラス思考だけしかなく、ストレスが無い。

逆に、他人からの意見も良く聞くようにしている。最後に何が良いかを決めるのは、あくまで自分自身なので、むしろ素直にアドバイスを聞けるようになったと思う。


写真が趣味の人で、コンテストに応募して入選を目指す方も多い。
でも私は、応募して評価を受ける事があっても良いと思うが、入選が目的になったら、本末転倒の様な気がするのだ。
本当に自分が撮りたいものでは無く、他人に受けそうな写真、選者が気に入りそうな写真を撮るようになっては詰まらないと思う。


結局、どうやって「向上心」を燃やし続けるのかということかも知れない。若い時には有った「勝ちたい」とか「名誉を得たい」とか「認められたい」いう気持ちが消えてしまったら、後は自分自身が設定した高みを目指して、自由にストレスなく頑張るのが、人生の最終盤での幸せに繋がるように思うのだ。


7629a4a0f8b542dc848bafeeae620dbe


鉄欠乏症 #118 会津川口駅その2

会津川口駅から出発した列車が、遠くの橋の下を通って行きます。

駅から見えた光景を写しました。

Cb720a66510846f5bf203672bb50b425


C03e08d0c80f43a994b73e4a4c84cff0


544d69e42de34d9788d9cda60fb23a8b


920d408014084b04a74ae938e80912f9


2018年11月26日 (月)

鉄欠乏症 #117 会津川口駅その1

只見線の旅、会津川口駅を訪れました。10月末の奥会津はとても美しく、空気も清涼で生き返ったような気持ちがしました。
何度も来たくなる場所でした。

57789e9722bc40d3840d23a2bf7f4bb2


6a6e26641d2f4150ab6dbea67849f364


5c4411fbb38d4b05852fd94163b8e407


Bec35d718d914c61b2e1a97e4cd64c5c


2018年11月25日 (日)

鉄欠乏症 #116 只見線

只見線の列車を道路から写しました。車が頻繁にやってくる所だったので、列車が来る時に車が重ならないように祈っていましたが、やっぱり重なりました。

でもこういう事も含めて、写真撮影は楽しいなぁと思いました。

Aa05ea418d094178a94f5308b1352885


Fef903e9c3f84ab0ba3fa30acf4671eb


1c40d6d7694c4c6bb23553c676581a24


2018年11月24日 (土)

鉄欠乏症 #115 第一只見川橋梁

第一只見川橋梁で撮しました。
列車が来る前の待っている時には、いい感じの雲がかかっていました。
ところが列車が来た時には、すっかり晴れていました。(笑)

8711f3675af3453ab3a3d2e41d9d18bd


03baa62ccf2f469ea8da0e664f006d6f


2018年11月23日 (金)

光を感じながら・・・#70 只見川その3

只見川の秋の風景をお贈りしています。
今回は赤を残して強調してみました。
A7f007e6656f4fd5ab8794373c5385ef


3d3b0fba692048078b11440263704608


E89b2a24d208432c8bece7cbb8b38ae8

いかがでしたか?
いろいろと試してみながら、写真を楽しんでいます。

2018年11月22日 (木)

光を感じながら・・・#69 只見川その2

只見川の風景を引き続きお楽しみくださいませ。
雲がかかり、風も強くなく、川面の映り込みも綺麗に見えました。
紅葉には早めの時期でしたが、色づいている所もあって、素敵な光景が広がっていました。

Bf3e9ea074c04ce992620a816ca2450d


666da213b66e47779cde13e267590fc9


208fea3f30c4449282f3145fb9b8936d


2018年11月21日 (水)

思考訓練の場としての写真 #30 ぜっけいしゃしん

私は他の人が撮った写真を見ることも好きだ。
プロ写真家の写真集も何冊か持っているし、写真雑誌もよく買ってくる。

何より今はネットであらゆる種類の写真を見る事が出来る。プロの方のブログで作品を見たり、アマチュア写真家のブログやSNSでも素晴らしい写真を見る事が出来る。
多くの皆さんが惜しみも無く、素晴らしい写真をアップしている。
写真コンテストで入賞した作品は素晴らしいものばかりである。

特に写真雑誌の風景写真だと撮影した場所まで書いてくれている。撮った場所のアクセスガイドも付いている。


さて、ここからが本題である。

プロカメラマンやそれに準ずるカメラマンが一番良い季節の一番良い時間帯に写した「絶景写真」を見て、
私はどうして「同じ場所で写真を撮りたい」と思ってしまうのだろうか?

写真はすでに素晴らしいものを見ている。それ以上の写真を自分が写せるとも思っていない。断言できる。

でも、同じ場所に行って、写真を撮って見たい気持ちになるし、そう思う人が多いから、アクセスガイドまでつけた特集記事をやっているのだ。

まさにアマチュア写真家の心理を突いている。「自分で撮る写真」だから、良いのだ。

苦労して(?)自分で撮った写真は、どんなに下手でも、嬉しいものなのだ。いつまでも見ていられるものなのだ。
そして、ひょっとしたら、自分でもプロ写真家並みの写真が撮れるかも知れないとも思っているのだ。

冷静に考えれば、人様が既に撮った写真に似た写真を二番煎じで撮るよりも、人様が撮った事の無い場所で撮る写真の方が、余程、評価される可能性が高い。


こんな事を考えながら、「絶景写真」が撮られた場所を探している私がいるのでした。(笑)


E3249bba1b3f4374b9b0e2161facd5ca


光を感じながら・・・#68 只見川その1

奥会津の道の駅尾瀬街道みしま宿から徒歩数分、尾根を登った場所に、JR只見線・第一只見川橋梁の絶景が見えるビューポイントが整備されています。10月の下旬に行ってきました。
行った時にはいい感じの雲がかかっていたのですが・・・。


A73c81a03e60436790bd09c8da5de3de


A5c604087ad747898f8569be438bafe9


172d8c8907f541f4bbe818812c8fea50


B78b0d89ef554c19a8d0b94c21c9e16a


406fea5d32cf45f1959f2d35ddc48975


2018年11月20日 (火)

思考訓練の場としての写真 #29 しかられる

最近、ボーと生きてるなあと自分自身の事を思う。チコちゃんに叱られそうである。

せめて写真撮影の時ぐらいはシャキッとしようと思うのだが、どうも何も考えずに撮る事が多い。


撮った後の写真現像の時とかだと、比較的「ああしよう」とか「こうしよう」とか考えているのだが、肝心の撮影の時には、被写体に夢中でほとんど何も考えていない。

身体レベルで撮影技術が身についてる訳でも無いので、ど真ん中に被写体を入れて、ピントを合わせるのに必死になっている。


要するに、余裕が無いのだろう。落ち着いて、構図や光を計算しているどころではないのだ。
取り敢えず、被写体を取り損ねないようにシャッターを切っている。

最近のカメラは優秀だから、それでも写真は撮れる。更には現像時点で、トリミングして、露光や色彩を調整できる。

しかしながら、そんな事だから腕前が上がらない。全く申し訳ない次第である。
何に一番申し訳がないかというと、出来上がった写真に申し訳ない。


撮ろうという気持ちは出ていると思うのだが、「私の写真には何か足りない」気がする理由がそこにあるように思う。

「写真の主題を文章化して撮る」というプロ写真家の話を本で読んだ事があるが、そういう事なのかなぁとも思う。

「〇〇寺の紅葉」ではなくて、「木漏れ日を浴びた〇〇寺の紅葉が、一枚だけ輝いている姿」と言う事を頭に浮かべないと良い写真は撮れないのだろう。


という事で、反省だけなら猿でもできる訳で、実践していくしかないと思っている。


41cfa8ed7f034bfda94f79f86045d66f


鉄欠乏症 #114 銚子電鉄外川駅その2

銚子電鉄外川駅は小さな駅です。でも思い出がいっぱい溜め込まれている駅なんだと思います。
電車が来るたびに少しだけ活気付く、静かな駅でした。

D9090293399e42e6b53a1755a670f756


Ce87e240d02c4649aed386a750c1cc13


3399b01e17ef4ec584b0e4136cd54cfa


239f7e9952a049f8a09d960e1cd536a5


284900613faa49e7a8f992ffb188de27


E7af314f999546218093bca395c335ad


2018年11月19日 (月)

鉄欠乏症 #113 銚子電鉄外川駅その1

銚子電鉄の外川駅に行ってきました。ロケ地にもなっていますので結構有名な駅ですね。
愛称は「ありがとう駅」です。

0835fc9a29c84db0923973f4b5c72a74


1e5e2990b2c04ef8a0dadcf969345220


3e32587dcda543f39a69e7b35d31844c


9b7c9192fe9b43b89f4b8cbbe7db3e04


8268c160a3f44837afb889ff56d2ecd9


2018年11月18日 (日)

光を感じながら・・・#67 犬吠埼

犬吠埼(いぬぼうさき)は関東平野の最東端にある岬ですね。灯台もあって、何度か訪れています。
この日は少し雨交じりの曇天で、むしろ灯台のイメージにぴったりでした。
「風に立ち向かう灯台よ、いつまでも頑張って!」

0f582ae9263547b69cde39ff0e16d1f9


98d782fa7c7344c08f9308c3871b9b93


Ddc3097af3dd40ed9e31060e8f626ddf


Bf29bced9a714af09cd0361ac869f005


2018年11月17日 (土)

鉄欠乏症 #112 銚子電鉄仲ノ町駅その2

銚子電鉄の仲ノ町駅には車庫がありますので、いろんな車両を見ることができます。
工場と車両の対比が面白く、楽しい場所でした。

756a6f282dd54ad88e413e6309be8e2c


Fd5596d7fdfc4360a8333108fcecd742


E93d57b97474400d94daa712832d6a35


84cdc05a4a464c1183061cca16f3de25


2018年11月16日 (金)

鉄欠乏症 #111 銚子電鉄仲ノ町駅その1

仲ノ町駅(なかのちょうえき)は、千葉県銚子市にある銚子電気鉄道の駅です。
駅および車庫は、ヤマサ醤油の工場に取り囲まれるように位置しています。とっても趣のある駅でした。

07b5d0bbf5c2498c8254c48e143b74b3


4b84f8cdfebd407a9f84ab720697fbdd


239e72eb760740bd8d4f218ef0521959


2018年11月15日 (木)

X-E3を買いました。

「X-E3 / XF23mmF2 R WR キット ブラウン」を買いました。ブラウンは1000台限定だそうで、限定に弱い私は見事に落ちてしまいました。


買った理由は、私のメインカメラはpentaxK1なのですが、そのサブ機が欲しかったからです。

pentaxK1はとっても良いカメラなのですが、重たいのです。もちろんフルサイズの一眼レフカメラとしては特別に重たい訳では無いのですが、旅行に行く時なんかはやはり軽いカメラが欲しくなりました。
またスナップ写真を撮るときも、pentaxK1では威圧感がありすぎますし、持ち出すときも荷物になるので躊躇します。

その点、X-E3なら何処へでも連れて行けるサイズと重さです。


軽いということなら、最近はフルサイズのミラーレスカメラも各社から発売されて、選択肢も多くあります。でもフルサイズカメラのレンズは重たいものが多いし、価格も高いです。メインで使っていくなら、そちらにシステムごと移行していく手もあるのでしょうけど、pentaxK1をメインで使い続けたいと言う事で、フルサイズのカメラは選択肢から外しました。


その上で高品質の画像として評判の良い富士フィルムのカメラに決めました。
機種は、aps-cサイズの交換レンズ式の中で一番軽いX-E3に即断です。MINIMALISMとはよく言ったもので、シンプルで無駄がないカメラだと思います。

富士フィルムのカメラにしたもう一つの理由は、FUJIFILMのフィルムシミュレーションを使ってみたかったからです。特にモノクロームのACROSモードでスナップ撮影をしてみたかったのです。

私は普段からRAW現像をしており、RAW現像の作業が実は楽しいので、「Jpeg撮って出し」がしたいという訳ではありません。フィルムメーカーが設定した写真現像の仕上がりを勉強したいと思ったのです。フィルム時代の写真に近い「現像の焼き方」で、仕上がりとしてどう表現しているのかを自分が撮った写真で見てみたかったのです。


カメラと一緒にアクセサリーも購入しました。

ストラップは以前より使っていて、非常に使い勝手がいいピークデザインの製品の中から、Peak Design CUFF(ピークデザイン カフ)にしました。特徴は何と言っても本体とストラップの、簡単な取り外しができるアンカーと使わない時にはリストバンドとなる機能的な仕様です。でも実際には外してリストバンドにすることはなさそうですけど。

あまりに軽くて小さいので、カメラのホールド感を良くするために、「J.B. Camera Designs FUJIFILM X-E3専用グリップ付きウッドカメラベース」を付けました。ブラウンに木製のカメラベースが似合うと思いました。

そして仕上げは、マップカメラのソフトレリーズボタン「Kleine-クライネ-」を付けました。ソフトレリーズボタンはすぐに無くすことが多いので迷いましたが、感触がすごく良くなるので奮発しました。

ちなみにレンズフードも別売の専用フードをシルバーで揃えています。

まぁ、見事に形から入ってしまいました(笑)
という訳でこれからどんどんX-E3で写した写真をアップしますので是非ご覧ください。


E0ae7405ef524c90a84e5325efa8e6a3


2df5b647bf054591af8831629bf52c75


光を感じながら・・・#66 ヤマサ醤油工場

千葉県銚子市のヤマサ醤油工場様へ行ってきました。
しょうゆ味わい体験館で、焼きたてのせんべいに醤油をかけていただきました。とっても香ばしくて美味しかった!
ついでに、しょうゆ味のソフトクリームも味わいました。これもいけましたよ。

E85870e60c2f471b99fc918645b55b1e


Ec0a7ccfa6ea451b99139bd2317eda99


D5ad32dbf8424331a9c0a2b54184755e


A9f4f35692ed4b628ccd2dfb0488b302


Ff4779984e574d7c8b0586686573ac9a


2018年11月14日 (水)

光を感じながら・・・#65 銚子駅前

10月14日の日曜日に銚子駅前を散策しました。その時に撮ったスナップ写真をご覧くださいませ。

知らない街に来て目的も無く歩いていると、面白い光景が幾つも見つかります。ご迷惑にならないように、そんな光景をそっと切り取らせて貰います。日曜日の朝だったので、あまり人には会いませんでしたが、街並みが来訪者を受け止めてくれているように、勝手に思ってしまいました。

5aac70cfbb7641e4bfa45f3895b5db02


058504ddffb448458ca9e0c7185e67a5


C0008915aed848ec8e17d3e957f637af


8f6d7948248344ba9b605f2aacb106f1


A14b5214249f4a9882f5822ba416d78c


C40243cfa2cb44f8aced013318369f1f


1e128b06f761454c8d37518360f4b91b


2018年11月13日 (火)

光を感じながら・・・#64 外川漁港その2

外川漁港近くの民宿で泊まった翌日の朝、漁港の船を見に行きました。小雨が降ってましたが、風はあまり吹いてませんでした。

静かな港の中で、心が休まる思いがしました。

698af22dd6a945da966c2eeb170a7b20


1f8238401c3842c68797262d1515877d


B58587cb6da545df901c21c0a7c63b4c


2018年11月12日 (月)

光を感じながら・・・#63 外川漁港その1

千葉県銚子を訪問しました。泊まりは外川漁港(とかわぎょこう)近くの民宿です。
夕食はとれたての魚をたらふく食べて、至福の時を過ごしました。

E0910bf66ef84016b68ebcdbd38d07d2


9e023617317542d5b25a7edc2c52aefa


2e52834de54541d89f47141902b16731


2018年11月11日 (日)

光を感じながら・・・#62 屛風ヶ浦その2

屛風ヶ浦の夕景をお贈りします。この日は雨が降る天候でしたので夕焼けを見ることができるか微妙だったのですが、見事に焼けてくれました。

Edfcd8813177442dab508b9341074f49


2272306b00454a5bb6c235fb476b7216


3859d6ef43a5403a92c5c58b71859e2c


1c91f7eb03b64712bcf93822c681ed32


2018年11月10日 (土)

光を感じながら・・・#61 屛風ヶ浦その1

屛風ヶ浦(びょうぶがうら)は、千葉県北東部に位置する下総台地を削る海食崖で、千葉県銚子市犬岩から旭市刑部岬まで続いているそうです。10月13日に訪れました。曇天の日でした。

6396a9820918436c996a880165e67be5


2fdbf14cb8f14697b4962dbc0a29f8b9


B45ad75979064e308040c2b35164c29a


Db35c3f8568847238f8ba2c9e65d13fc


2018年11月 9日 (金)

光を感じながら・・・#60 佐原その3

私が行った日は、佐原の秋の大祭の日でした。
お祭りの様子を少しだけ、写真にしましたのでご覧くださいませ。

D6f551ca865c4f1dbaaec2c4c45a4dc1


57baf55cdfa2458095d597f07e4c8cad


Ec132dfd92cf496db34b2b690a82bd5f


7f9d5694f40642caaec92ee6c78c3eb4


2018年11月 8日 (木)

光を感じながら・・・#59 佐原その2

佐原の街並みは落ち着いた雰囲気で、歩いていて気持ちが良くなります。
特に運河沿いは昔ながらの日本家屋もあって、撮影をしたくなる場所でした。

この日はお祭りだったのですが、ちょうどいい賑わいがあって、とても楽しめました。


188790ecae3a46e7bf62465f719197cc


9a9d81ad0db443d6aca0b5c45b7cdbf8


9bd7a02996f74a86818d0db473fa673c


2018年11月 7日 (水)

光を感じながら・・・#58 佐原その1

10月13日に千葉県香取市佐原に行ってきました。この日は、秋祭りが開催されていて、山車が曳き廻され、とても賑わっていました。山車には様々な大人形が飾られていて、楽しませて貰いました。

街の様子をスナップしてみましたのでご覧くださいませ。あんまりお祭りのところは撮りませんでしたけど(笑い)

C1fa20543e6a480cab9c54727a27e2f9


9e7b1bbbfc984824acbe9abada3b12b8


B10c6aaa0038450eab43105c7d4daa9a


58f5d14c3dbd41ce9f077e7fcddf36c4


2018年11月 6日 (火)

鉄欠乏症 #110 佐原駅

佐原駅(さわらえき)は、千葉県香取市佐原にある、JR東日本成田線の駅です。
佐原のお祭りの撮影のついでに列車を写しましたのでご覧下さいませ。

2d2a80fd08cd4fbfa479dd00e39a4e0a


F045337abff44841be4b36c67b2651da


2018年11月 5日 (月)

AZURの写真展「LIFE」が開催されます。

2018年11月7日(水)〜11月12日(月)平日10:30〜18:30(最終日16:00まで)
リコーイメージングスクエア新宿 ギャラリーII 火曜定休 入場無料 にて
AZUR /PENTAX RICOH F.C. 湘南神奈川支部 の写真展 「LIFE」が開催されます。

Dm2018_2_forsns

私も出展しております。東京近郊の方でお時間があれば、是非お立ち寄りくださいませ。

光を感じながら・・・#57 寺坂棚田その5

曼珠沙華の花を見ると山口百恵さんの歌を思いだすのが我々の世代です。
「罪つくり〜」のフレーズが頭の中で響きます!

3c51a88f467841f1817fbc6423b77148


6bd33a71982748c99e5e213218fdc5eb


2018年11月 3日 (土)

光を感じながら・・・#56 寺坂棚田その4

引き続き、寺坂棚田の写真です。

Ab533719b8834ac9ab4832b60475e147


E062c53a36ac4cb3aae828429c8aae56


2018年11月 2日 (金)

光を感じながら・・・#55 寺坂棚田その3

前日に引き続き、埼玉県の寺坂棚田の写真です。
こちらへは初めて訪れました。
棚田も美しいのですが、その向こうに見える工場の姿が印象的でした。

春にも来てみたいところです。

12d8d18f517a443b89dc013323e2446b


A9c7064aba0e4cdca4af2df4bf32b515


3b5d6bd5a100402792e20634b6ce4f0a


2018年11月 1日 (木)

光を感じながら・・・#54 寺坂棚田その2

前回に引き続き、埼玉県の寺坂棚田で撮影した曼珠沙華の花をご覧ください。


4ef0f8cd34814d3db9142811d0f6177e


RAW現像の時に、赤だけを出して花を強調してみました。いかがでしょうか?

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

フォト
無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ