« 光を感じながら・・・#66 ヤマサ醤油工場 | トップページ | 鉄欠乏症 #111 銚子電鉄仲ノ町駅その1 »

2018年11月15日 (木)

X-E3を買いました。

「X-E3 / XF23mmF2 R WR キット ブラウン」を買いました。ブラウンは1000台限定だそうで、限定に弱い私は見事に落ちてしまいました。


買った理由は、私のメインカメラはpentaxK1なのですが、そのサブ機が欲しかったからです。

pentaxK1はとっても良いカメラなのですが、重たいのです。もちろんフルサイズの一眼レフカメラとしては特別に重たい訳では無いのですが、旅行に行く時なんかはやはり軽いカメラが欲しくなりました。
またスナップ写真を撮るときも、pentaxK1では威圧感がありすぎますし、持ち出すときも荷物になるので躊躇します。

その点、X-E3なら何処へでも連れて行けるサイズと重さです。


軽いということなら、最近はフルサイズのミラーレスカメラも各社から発売されて、選択肢も多くあります。でもフルサイズカメラのレンズは重たいものが多いし、価格も高いです。メインで使っていくなら、そちらにシステムごと移行していく手もあるのでしょうけど、pentaxK1をメインで使い続けたいと言う事で、フルサイズのカメラは選択肢から外しました。


その上で高品質の画像として評判の良い富士フィルムのカメラに決めました。
機種は、aps-cサイズの交換レンズ式の中で一番軽いX-E3に即断です。MINIMALISMとはよく言ったもので、シンプルで無駄がないカメラだと思います。

富士フィルムのカメラにしたもう一つの理由は、FUJIFILMのフィルムシミュレーションを使ってみたかったからです。特にモノクロームのACROSモードでスナップ撮影をしてみたかったのです。

私は普段からRAW現像をしており、RAW現像の作業が実は楽しいので、「Jpeg撮って出し」がしたいという訳ではありません。フィルムメーカーが設定した写真現像の仕上がりを勉強したいと思ったのです。フィルム時代の写真に近い「現像の焼き方」で、仕上がりとしてどう表現しているのかを自分が撮った写真で見てみたかったのです。


カメラと一緒にアクセサリーも購入しました。

ストラップは以前より使っていて、非常に使い勝手がいいピークデザインの製品の中から、Peak Design CUFF(ピークデザイン カフ)にしました。特徴は何と言っても本体とストラップの、簡単な取り外しができるアンカーと使わない時にはリストバンドとなる機能的な仕様です。でも実際には外してリストバンドにすることはなさそうですけど。

あまりに軽くて小さいので、カメラのホールド感を良くするために、「J.B. Camera Designs FUJIFILM X-E3専用グリップ付きウッドカメラベース」を付けました。ブラウンに木製のカメラベースが似合うと思いました。

そして仕上げは、マップカメラのソフトレリーズボタン「Kleine-クライネ-」を付けました。ソフトレリーズボタンはすぐに無くすことが多いので迷いましたが、感触がすごく良くなるので奮発しました。

ちなみにレンズフードも別売の専用フードをシルバーで揃えています。

まぁ、見事に形から入ってしまいました(笑)
という訳でこれからどんどんX-E3で写した写真をアップしますので是非ご覧ください。


E0ae7405ef524c90a84e5325efa8e6a3


2df5b647bf054591af8831629bf52c75


« 光を感じながら・・・#66 ヤマサ醤油工場 | トップページ | 鉄欠乏症 #111 銚子電鉄仲ノ町駅その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: X-E3を買いました。:

« 光を感じながら・・・#66 ヤマサ醤油工場 | トップページ | 鉄欠乏症 #111 銚子電鉄仲ノ町駅その1 »

フォト
無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ