« 鉄欠乏症 #125 小出駅その2 | トップページ | 鉄欠乏症 #126 日出谷駅 »

2018年12月 4日 (火)

思考訓練の場としての写真 #33 けいぞく

継続は力なりと言います。

私は、趣味の「写真撮影」は長く続けていこうと思っています。
だから、上達する為にも、毎日とはいきませんが、毎週1回程度はコツコツと撮影に行こうと思っています。
本当は毎日でも撮りに行くぐらいでないといけないのでしょうけど、私の場合はとてもそこまでは出来ません。

何事も継続するのは大変です。
その道でプロレベルになる為には、何年も何十年も、毎日コツコツとやり続ける事が必要なのだと思います。

その間、スランプになる事もあるでしょうし、身体の不調もあるでしょう。
そういった事に耐えて、続けられる人が一流になるのだと思います。


私も二流ぐらいには成りたいので、「できる限り撮影に行くぞ」とここで宣言したいと思います。

でも、へそ曲がりの私は、一方で、その先の「写真をやめる時」の事も考えています。

やめる時は、何と無くやめるのではなく、はっきりと「やめる」のを決心してから、やめたいと思っています。
何故なら、その方がカッコいいと思うから。

スパッとやめて、カメラやレンズも全部売り払って、「今日から写真はやめました」と言う日が来る事を想定しながら、その日が来るまでは全力を尽くします。


やめる時の理由も想定しています。「体力、気力の限界」、それを感じたら、みずから、すぱっとやめます。
その前に「カネの限界」が来るかも知れませんが・・・。


64b8fe0dc8dc40dbb5fb4687cbfc5b1b


« 鉄欠乏症 #125 小出駅その2 | トップページ | 鉄欠乏症 #126 日出谷駅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

何だか相撲の横綱の“引退”みたいですね。‥‥でも横綱だから「体力、気力の限界」と
宣言して辞めるわけですが、多くのお相撲さんは力が衰えて幕下くらいまで下がってしま
い知らな間に消えていってしまいます。しかし、それはそれで立派な相撲人生なのででしょう。‥‥ですから、たっきんさんの心意気は尊いと思いますが、それほど力まなくても大
丈夫なようにも思いますよ。 

おはようございます。いつもご覧いただき、ありがとうございます。
おっしゃる通り、少し力み過ぎましたね。
最近、終活の事を考えているせいかも知れません。

フェードアウトして、だんだん消えていくのも「有り」ですね。
まぁ、自分で選べない所もありますから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思考訓練の場としての写真 #33 けいぞく:

« 鉄欠乏症 #125 小出駅その2 | トップページ | 鉄欠乏症 #126 日出谷駅 »

フォト
無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ