« 古都巡礼 #24 秋の室生寺その1 | トップページ | 古都巡礼 #25 秋の室生寺その2 »

2018年12月12日 (水)

思考訓練の場としての写真 #34 そんけい

趣味で写真撮影を始めてから、人様の写真の見方が変わりました。

それまでは、雑誌やネットで素晴らしい写真を見ても、素晴らしいとか美しいとか思って感心するだけでした。

でも、自分で写真を撮るようになり、「素晴らしい写真を一枚撮るためにはとんでもない苦労がある」というのが想像出来るようになって、感心するだけでなく、撮ったカメラマンへの尊敬の気持ちが大きくなりました。


私ごとき、インチキのアマチュアカメラマンですら、良い写真を撮る為には、早起きをして、寒い中をじっと夜明けが来るのを待ったりするのです。
いわんや、素晴らしい写真を撮ったカメラマンは、例えば、悪天候の日々をひたすら耐えて、何度も無駄足を踏んだ上で、ようやくの事で、うまく朝日が輝くタイミングを捉えることが出来たのだと思うのです。

写す時だけでは無く、撮影条件の調査から適切な資材の準備、気候条件の研究などなど、様々な作業も行った上での撮影に違いありません。
写した後もそうです。現像からプリントまで、細部に渡って調整作業を行なって、時間をかけて漸く一枚の写真を完成させるのでしょう。


今は、出来る限り、人様の写真を拝見する時は、じっと、時間をかけて見るようにしています。

そしてその人の写真の世界にどっぷりと浸かるような気持ちで拝見するようにしています。
そうする事がその写真への何よりの御礼であると思っています。


ハイアマチュアのカメラマンの方々は、そんな素晴らしい写真を惜しげもなくネットに公開し、私たちは無料でその写真を見る事が出来るのです。
何と幸せな事でしょうか。こんな世の中に感謝です。


ちなみに私の写真は出来るだけ、気楽にみてくださいね。
私は写真に関する時間は全て楽しく、苦労と思った事がありません。

写真の時間はいつでも楽しい気持ちしかありませんので、見る方にも同じように写真を楽しんでいただけたら、それだけで幸せです。


Feb9c782424747d38b95c342c2ff7ae2


« 古都巡礼 #24 秋の室生寺その1 | トップページ | 古都巡礼 #25 秋の室生寺その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今晩は。
私なんぞは、カメラマンでもないのに「写真カテゴリー」を覗いて、人様の写真に気ままに
コメントしたり、時には勝手に短歌を詠みかけたりと、もっぱら自分本位で、カメラマンの方の苦労までとても思い及びません。いわば正真正銘の“外野”の人間で、コメントと言っても“野次”に相当すると言われても仕方がありません。‥‥まあ、外野の人間なりの“マナー”を最低限守ろうとは思うのですが、時々これを逸脱したかなと感ずることもあります。 

いつもご覧いただき、ありがとうございます。
また、楽しいコメントもありがとうございます。
もっともなコメントで、いつも、「その通り」と思っております。
感じたことをそのままいただけた方が勉強になりますので、これからもよろしくお願いします。

追伸、短歌、すごいですね。時々拝見してます。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思考訓練の場としての写真 #34 そんけい:

« 古都巡礼 #24 秋の室生寺その1 | トップページ | 古都巡礼 #25 秋の室生寺その2 »

フォト
無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ウェブページ