« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月31日 (水)

光を感じながら・・・#193 大芦川その1

7月の上旬に栃木県鹿沼市の大芦川に行って、虎岩と呼ばれる岩を撮してまいりました。

当日は小雨が少し降っていたのですが、撮影する夕刻時間には雨は止んでいました。

まずは写真をご覧くださいませ。

 

83573d3afabc465292d0c718a0e2bd03

767f5c1bbf9949c5bdb9e875f3765109

49c87fb8cd1a4fc98ce31f89f3b4a790

0d6e8d2c66024dca991541a888b1d7e3

 

 

虎のような縞模様があることから、虎岩と呼ばれているそうな。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

2019年7月30日 (火)

光を感じながら・・・#192 裏見滝その6

今回で裏見滝の写真は最終回となります。

今回は、滝では無くて、通ってきた道で撮した写真です。

あまりにコケが見事でしたので、思わず撮してしまいました。

69cf917cf6f14a9f8d0964d0df9abfbd

7e8628e2cdbb4e34943580c5fbe183c3

C999cb17eca84a89bc0d498fc3d3ecfa

3fa001d437a948db8754bfcf1c3e6d26

雨に濡れて、とてもいい質感がありました。

私が大好きな題材です。

 

今回の撮影機材は、PENTAX-K1にDA55のレンズを付けて、フルサイズで撮りました。

フィルターは付けていません。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

2019年7月29日 (月)

光を感じながら・・・#191 裏見滝その5

裏見滝の写真、前回に引き続き、シャッタースピードを速くして撮しています。

最初にお見せしたのと同じ構図で、シャッタースピードだけを変えて撮したものもあります。

どちらがお好みでしょうか?

11fa182b8527493084c7213522abe120

 

295abbd041fb4bfebf0d41b1f7e23f65

 

19aef4e90e3b4eb89ec1fdc02e877c38

 

6432c4fdc4f44449be7b4d67e9b406b7

 

好みの問題になってくるのかも知れませんが、シャッタースピードを遅くして撮影した写真の方が、クッキリと白いラインが出て、綺麗に見える気がします。

滝の撮影にスローシャッターを使うことが定番なのが、実感できました。

もちろん、私の腕前だと50歩100歩だと思いますけど。

 

思ったよりも滝の撮影が楽しくて、ハマってしまいそうです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

2019年7月28日 (日)

光を感じながら・・・#190 裏見滝その4

裏見滝の写真、今回の写真はシャッタースピードを少し速くして撮しています。

三脚は立てないで、位置を変えながら撮してみました。

印象的な岩があって、滝よりもそちらが主題になっています。

3dd49d8687a745f3845aff0b2f8e225c

 

D6343d7cb4c74a2294e7d2b7d5d705c2

 

18a569d9431f45dcad2aebc34a13ea89

 

A163ba26e878431d853157f0dc02bd27

いろんな事を試してみて、楽しい撮影になりました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

2019年7月27日 (土)

光を感じながら・・・#189 裏見滝その3

裏見滝の写真が続きます。

今回の撮影にあたっては、三脚を持参しました。

三脚があまり好きでないし、滝を見る場所のスペースは大概は狭いので、気は進まなかったのですが、、、。

撮影してみて、やはり三脚を持って行って良かったと思いました。

一つには、人が少なかったのでスペースがあったこと。

それと、滝の流れを白いラインで表現するのに三脚を使用してスローシャッターにすると、やっぱり素敵な絵が撮れると改めて感じました。

 

85774685b44b42108b4c829e9585cb07

 

Ddc8fbda33eb4aff84f58a02f9b98561

 

Aae82e4960a84209bb3a00f53662b013

 

 

C5aff878a9d34ae19bcebcbd07d4bf6c 

いろんなシャッタースピードで、いろんな場所から、いろんな構図を試してみました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

2019年7月26日 (金)

光を感じながら・・・#188 裏見滝その2

裏見滝の写真が続きます。

ご存知の方が多いと思いますが、この滝は以前はその名の通り、滝の裏側から見ることができたらしいのですが、現在では、裏側には入れなくなっています。

しかしながら、思った以上に、滝の水量も多く、撮影するポイントもたくさんありました。

小雨が降るような天候でしたので、人も少なく、撮影条件は良かったと思います。

写真が上手く撮れなかったと言い訳する材料がありませんでした。

結局は、腕前通りの写真となります。

 

B915cd1875fc414aa2bfd8feb4187b24

 

F934e6df5de24fe8ad3cffaae3796c26

 

338da49b8514418dae6175358b678776

 

A814ecf4286e4f408018352ad3b3b58f

前回の写真と似ていますが、少しずつ違っています。

同じような構図で申し訳ありませんです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

2019年7月25日 (木)

光を感じながら・・・#187 裏見滝その1

裏見滝に7月12日に行って来ました。

裏見滝(うらみたき)は栃木県日光市にある滝です。

実は滝の写真が苦手なので、撮影の練習に行ってきたという訳です。

まずはご覧下さいませ。

Bc617016d3c548a3b4fc543992d810f5

 

2326805335c54a86b0c56b3b1797591f

 

Af5a3316ac134627b810e0bb26f9b8e4

 

9886acc99a304ca680aefc5fb4fe75ad

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

2019年7月24日 (水)

光を感じながら・・・#186 芦名漁港その8

芦名漁港の写真は今回が最終回となります。

最後のテーマは「波」です。

スローシャッターで波を撮してみました。

49d6d3764967486db68c45ad7a04db23

 

1dd562b72bb24fc18421b1795d9b8e9f

 

78995d4ccf3f4d8c9e7cee047a7aaebf

 

31101d74572a4e76ba5ed8c74007f92b

 

同じような構図が続きました。

三脚がなかったので、防波堤の上にカメラを固定して撮しました。

少し言い訳をさせていただきました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

もっと練習しますのでご勘弁を。

2019年7月23日 (火)

光を感じながら・・・#185 芦名漁港その7

前回の写真から約1ヶ月後に再び芦名漁港で写真を撮りました。

E7c67b9705544445901e10ee018d02f0

 

5fc8100fb0b4437db548c68839114b4a

 

603f7c3f9e4e4db1a8890d5ec2caf9b8

 

A9acc22a6ea84bfabe417014931474ed

 

繰り返し撮っていても、違った写真になります。

でも、より美しい写真が撮れているかというと、そうでもありません。

新しい視点や切り口を求めながらも、同じような写真になっている気もします。

いろいろと考えないといけませんね。

ご容赦くださいませ。

 

2019年7月22日 (月)

光を感じながら・・・#184 芦名漁港その6

夜の帳が下りて、人工の光が自然の光よりも強く感じる時間帯になってきました。

暗闇の中を照らす灯は、もはや無くてはならないものになっています。

真っ暗闇の中ではとても生きていけなくなっている事を自覚しつつも、人工的な光を眩しく感じる自分もいます。

F4e682784d3b46b88b459cf496cdca93

C2bf78dcb97a4b6badc678bd01185970

C19b114feb604f44ad6050ba19666fa2

Ab292cc5dc06462dacaf5a8d841b0737

 

まさに光を感じながら、光を写し撮っていきたいと思いました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

2019年7月21日 (日)

光を感じながら・・・#183 芦名漁港その5

漁港には猫がいます。

芦名漁港にも猫がいました。

馴れ馴れしくないところが良かったです。

464c32e2147d4a259f9d8a35cee4d1e4 2c63fa12c8574e8aa350a3b10d2087ab 2f228111103449a99869c21cf0685482 851ad29d68924c36b2f34256692c3ade

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

2019年7月20日 (土)

光を感じながら・・・#182 芦名漁港その4

陽が落ちていくにつれて、海や空の色がどんどん変わっていきます。

思っているよりも短い時間で、光景が変化していきます。

そして、少し方角が違うだけでも、空の色は違います。

 

 

海辺特有の潮でベタつく風を受けながら、海と空を眺めていると時間を忘れてしまいます。

C26ca028143e48278c97043a90283d3c

5f63682aae4e4c4593d7bc2609949004 

D7b43ace587a4621a61913e13f2af561

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

2019年7月19日 (金)

光を感じながら・・・#181 芦名漁港その3

海が好きなのは「自然の光」があるからです。

もちろん、海岸にも人工の光はいっぱいあります。

でも街中に比べると、ずっと穏やかな自然の光が満ちているように思います。

そんな光を感じながら、写真撮影をするのが好きです。

B23ec5e042bf4a00924a8c9c11a49d4b

 

91ff86e41174438891dbfae8010c0781

 

F586bae3e19b4fc2bcfafe2a5a6c7d27

8d10b12682af42e58277009d62d5628d

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

2019年7月18日 (木)

光を感じながら・・・#180 芦名漁港その2

日本という国は海に囲まれています。

当たり前の事を実感しながら、写真を撮りました。

0bb60ce6253c451a97268926d969c841

43c1c3e924314d1e9937e93945606b41

2fcb32cef5fb45029739ea39d24b78d3

 

52674b128c6344e286e139479732fee8

日本の海岸ではよくこういう風景が見られますが、いつまでも大切にしたい風景です。

海も同じように見えて、少しずつ違います。

太平洋、日本海、瀬戸内海とそれぞれが違った顔を見せてくれて、いつ見ても飽きません。

いろんなところの海岸を、いろんな季節に撮りたいなぁと思っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

2019年7月17日 (水)

光を感じながら・・・#179 芦名漁港その1

芦名漁港は度々訪れます。

とても静かで落ち着く場所で、私の大好きなところです。

まずは5月に撮影した写真をご覧くださいませ。

5badce658799403c9a40a379401a1516

 

D9006323cf7d4ce3b927f5f132e50d1e

 

E773d01f61a04737a892e59e36780359

 

D501e411cafd476aa4b84ffd88b3180c

最後までご覧いただきありがとうございました。

2019年7月16日 (火)

光よ空へ #29 羽田空港その4

羽田空港の写真は今回で最終回となります。

飛行機を撮影するときは、やはり望遠レンズを使いたくなります。

ただし、あまり飛行機だけを狙っていると、飛行機図鑑みたいな写真ばっかりになりそうで、自分としては物足りません。

そこら辺が、飛行機写真の難しいところですよね。

3d8ad0146ada45b691c628120259714d

 

C1ba670ace8240c4b72d6c13ef8d7a0f

 

389ff0a6c82746a49ad41a805fcb98ba

 

 

C3294b0d7ea844f884a1f5ab11c65973

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

さらに努力が必要なようでございます。

 

2019年7月15日 (月)

光よ空へ #28 羽田空港その3

羽田空港での写真が続きます。

この日の夕陽は、落ちるにつれて雲に隠れてしまいました。

完全に落ちるところまでは撮れませんでした。

Da727f2d513c4ab684becdf75ed899bc

 

 

33ce7ab607ed4b79862ece2263f83328

 

 

8f42a7e0381d4807a2db82c4aef76ddd

 

 

090a819ffee74bd083b7db27fe8ac4a9

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

2019年7月14日 (日)

光よ空へ #27 羽田空港その2

引き続き、羽田空港での写真です。

第1ターミナルの展望デッキから飛行機と夕陽を狙いました。

4c4c0c8b741e4a73bfff518206155648

 

60ed90342c7f413c9d9b8824b3d81607

 

Bd7b81e74e3d4199ad4488774af5c2fa

6184a3a62ef847e3a8528bcf10bbb4ca

 

使用した撮影機材はCANON RPに再調整品の標準アオリレンズ「TS-E45mm F2.8」を付けています。

チルトやシフトの撮影に憧れて、初めてこのレンズを試してみました。

画角が飛行機撮影には厳しかったです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

2019年7月13日 (土)

光よ空へ #26 羽田空港その1

6月下旬のとある夕刻、羽田空港に行ってまいりました。

夕陽が撮りたいなぁと思い立って、仕事の帰りに寄ることにしました。

梅雨の最中ですので、夕陽が見られるタイミングがなかなか無かったのですが、何とかこの日に見る事も出来ました。

まずは写真をご覧くださいませ。

C6ab0c9f893b46f68fe5172ef3570b2a

 

 

1f27b266c002429ba18252f49c961f1e

 

B570b10cd66447e19db1b6444a2f0ccd

 

207fd727093444fca1ecdf9f7f853c8d

 

いかがでしょうか?

ちょっと変わった感じの写真に見えませんでしょうか?

明日、その辺の説明も少しする予定です。

ご覧いただきありがとうございました。

2019年7月12日 (金)

光を感じながら・・・#178 裏磐梯その20

裏磐梯での写真は今回で最後になります。

楽しかった撮影でしたが、反省点も多かった撮影でした。

圧倒的に美しい自然美を前に、どう撮せば伝わるだろうかと悩みました。

もっと工夫していくことが必要でした。

それなりに撮した写真にはなりましたが、美しいみどりをご覧くださいませ。

763b7ce730a64cb697030794e0cae243

Af4db0c51b46430d913cef5a26f29db1

Ac639f1b2ccd4c6287d7a056d4246bc9

8111a57749a7458cbd28695b3fb9906f

 

7c7c49c815bd408a898b90b4fe52dc57

 

Aecbfa7df20b4b748bba0e0a1dd3b2e2

最後までご覧いただきありがとうございました。

裏磐梯の写真、長々とお付き合いいただき、本当に感謝申し上げます。

 

2019年7月11日 (木)

光を感じながら・・・#177 裏磐梯その19

次に訪れたのは、達沢不動滝です。

達沢不動滝(たつさわふどうたき)は、猪苗代町にある滝で、いなわしろ新八景の第二番、ふくしまの水三十選の一つだそうです。

美しい渓谷を歩いていくと、滝が現れました。

0be36f3a50844516bb837551325f74d8

 

9dd6931d7e5e4889a8311d0e9f645fe2

 

E20f325e102544a08b3b568fe7ef5080

 

Dda49a4ad3ab4e9ea7582f2f6bc14d92

 

今回は、私としては珍しく三脚を立てて、長秒のシャッターで撮してみました。

いかがだったでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

2019年7月10日 (水)

光を感じながら・・・#176 裏磐梯その18

飽きずにご覧いただきありがとうございます。

しつこいようですが、今回も沼の写真です。

裏磐梯といえば「沼」、沼といえば裏磐梯ですのでご勘弁くださいませ。

Ff25c79754c049458a2c6344cf2f63e3

 

次は同じような感じに見えますが、違うカットを並べてみました。

撮ったものからすると、どちらも残したかったので。

A30b26e11f1049ecb84ecf6165b8c434

 

8af932bf3344424f8f627468ae64f990

 

 

みどり一色だと流石に飽きてきますね。

0776839b2df540f8a3773fd7a92233f1

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

2019年7月 9日 (火)

光を感じながら・・・#175 裏磐梯その17

裏磐梯の空は青く澄み切っていました。

森の中に入ると少し暗いのですが、ときおり明るい場所があって、そこに沼があるといった印象です。

何枚も写真撮影していますと、だんだんどこの沼か分からなくなって来て、同じ沼を2回も撮していたりします。

同じような写真が続きますが、微妙に違いますので是非ご鑑賞下さいませ。

E0f8d78a48794bb4baf9afef0fb4808e

 

F7d9e1b9c9d140a1bd239991c704535b

 

7b1b8ee5cff24c5dba84225613c2aede

Be85c8ce461b4856847218dfa23208cc

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

2019年7月 8日 (月)

光を感じながら・・・#174 裏磐梯その16

前回に引き続き、沼のほとりの小道から撮影した写真をご覧くださいませ。

こういう風景が広がっているのが、裏磐梯らしい感じがしました。

とっても好きな光景でした。

86a0f24a585e41c6b1ebc31f3349bed2

E10563b742d2426ea12e3ec76656e165

 

光が当たっている植物が輝いていました。

48e9a8b2ecc44f8bb8adc80ee1baedaf

Bc92265696324cc3a39b788ed83faa4d

61a14809d45d458ca3856646d1bd8f49

本当に綺麗な新緑でした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

2019年7月 7日 (日)

光を感じながら・・・#173 裏磐梯その15

裏磐梯の写真がまだまだ続きます。

ここからは沼の写真とその周りにあった植物の写真です。

スポットライトがあたったように光を受けている植物が美しかったです。

6f5f1374bc7d49c1a7957eeba4072a63

C885ba2c0676435d93604badecf485fb

7cd3e8ffa6bc4599a82c0dd522128e63

 

明暗差が大きい中、新緑の美しさに魅了されました。

 

2019年7月 6日 (土)

光を感じながら・・・#172 裏磐梯その14

今回は裏磐梯の写真の中で一番派手に現像した写真をご覧くださいませ。

7b656bbc100a4f34b00d792531ab4d3d

B7d241ef58cc4271ba52583a85358340

 

いかがでしょうか?

やり過ぎ感がいっぱいでしょうか?

こうした感じの現像はどんどんエスカレートしそうで、自分でも怖いです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

2019年7月 5日 (金)

光を感じながら・・・#171 裏磐梯その13

今回のテーマは「青紅葉」です。

湖畔の新緑の「みどり」がとても美しく輝いていました。

9c9afa5348ab405bb85508d3caf513d7

 

C5c7e97f14b648628f90677ce427e3ba

 

8757b58b82ef45ccbb02a267a1e36a5e

 

綺麗な新緑だったので、それが前面に出すぎたかも知れませんね。

その場の感動を、感情のままにストレートに撮し過ぎると、かえって伝わらない事もあります。

今回の反省はそんな感じです。

次回にご期待くださいませ。

 

 

2019年7月 4日 (木)

光を感じながら・・・#170 裏磐梯その12

裏磐梯での写真が続きます。

今回のテーマは「ボート」です。お楽しみくださいませ。

4751727f03d54e688139392c24441291

 

32be320a295c4c10b7f1f28bb450df3e

 

32780e9c57384fa09b15a8ff5eafa23e

 

湖畔に並べられたボートの列がおもしろかったので。

少し平凡な構図でしたね。次回への反省を込めて。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

2019年7月 3日 (水)

光を感じながら・・・#169 裏磐梯その11

裏磐梯の写真を連続してお見せしています。

今回から、日付が変わって、6月2日の朝からの写真となります。

前日と同じく、好天に恵まれました。

 

3d258b98e89a4160bcf8a96e5c9a5945

 

112f59d94ebc46578389df76c06a75aa

 

B6946bcd39864d9ba90b12e8bfeadecc

 

44671ab918104082bcf48ba6d60d0d53

ハート♥️の模様のコイを見つけたのですが、撮影は残念ながらできませんでした。

 

 

前回も言い訳したのですが、今回の裏磐梯の写真は総じて派手な色彩になってしまいました。

少しRAW現像で明瞭度を上げすぎたかも知れません。

調子に乗ってしまいました。申し訳ございませんでした。

 

2019年7月 2日 (火)

光を感じながら・・・#168 裏磐梯その10

裏磐梯に行った日はとても良い天気で光の強い日でした。

そのせいか、緑の色はとても鮮やかに輝いていました。

撮影した日から何日か経ってから、RAW現像するのですが、撮影した時の鮮やかな色の記憶が強くあって、つい現像する時にも鮮やかな色合いにしました。

記憶している色合いなので誇張では無いのですが、見返してみますと、色合いが結構濃い感じもします。

こういう作業も何度かやって、練習していく必要がありますね。

48657681c79f4bd2a2fc0f4190bfc82c

Df67157366304373bc71423901f2a9a9

B4724da004764b0bba94c3061af3f325

4e34baca5a1c4d2683061811d87ec237

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

2019年7月 1日 (月)

光を感じながら・・・#167 裏磐梯その9

裏磐梯の写真がまだまだ続きます。

Be19e4dbde3f410fbc84e37c44215471

 

05eafe1b37554bbabd8102aa7af1d12b

 

8f3d9a898f374d55a0b5ac65e958dfc9

 

Def9abb2af3c4238bd6f3f3f9c4f7ca0

写真を撮っていますと、余計なものが入ってしまうことがあります。

「絵のように美しい」光景にはそぐわないものもあります。たとえば電線とか信号機とか。

絵にだったら絶対描かないものが入ってしまう写真を皆さんはどう評価されますでしょうか?

 

 

「余計なものは絶対に入れないように撮る」か「後からレタッチして消す」のが普通かも知れません。

 

でも、余計なものが避けようも無い「不都合な真実」であるならば、それを受け止めて、「写真に入ってしまうのを容認する」のもありなのかなぁと思っています。

それが「写真」と「絵」の違いなのかなぁとも思います。

それが視野に入ってしまうものであり現実の光景であるならば、たとえ美しさを阻害するものであっても、それを容認する寛容さがあっても良いのではないでしょうか。

そんな事を考えながら、想いは揺れていきます。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »