« 台湾旅情 その12 | トップページ | 台湾旅情 その13 »

2020年4月 5日 (日)

お気に入り その1

写真を趣味にしてから10年も経ってはいません。

まだまだ勉強中で、良い写真を撮ろうと試行錯誤の毎日でございます。

良い写真を撮ろうとすると、どうしても良い機材が欲しくなってまいります。

幸か不幸か、カメラ自体にもメカとしての興味があって、カメラそのものも大好きなので、相乗効果と言うかなんと言うか、カメラや交換レンズもだんだんと増えてまいりました。

もはや、写真が趣味なのか、カメラが趣味なのか怪しくなってきております。

世間にもドウホウの方々が多くいらっしゃるやに聞いております。

やれエコだ、シンプルライフだ、断捨離だ、終活だと言いつつ、カメラとレンズが増えていく状況に暗澹たる気持ちを抱きながらも、一方でカメラやレンズを眺めて、幸福感に浸っております。

何ということでしょうか、、。

そんな複雑な思いの中、コロナのせいで自宅待機しておりますので時間がございます。

つきましては、ボチボチではございますが、私の写真機材、お気に入りの機材をご紹介することといたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前置きが長くなりましたが、今回はこの二品でございます。

PENTAX K-1

smc PENTAX-DA★ 55mmF1.4 SDM

451fbc076f2f42bd97a814a4ef2c4c96 73ab3cb48afc4f37b345d9317f905dff

カメラボディのK-1は2016年の発売後、間もなくして購入いたしました。

PENTAXからフルサイズのカメラが出るという事で待ちに待っておりました。

それまではpentax k5 IIを愛用しており、とても満足しておりました。

でもフルサイズのセンサーになれば、もっとボケが美しくなるのではと思ってしまいました。

 

レンズのDA55の方はそれから半年後ぐらいに中古を購入いたしました。

その頃、さかんにネットでフルサイズにどの既存の交換レンズが使えるかという情報が出ていて、aps-cのレンズでもフルサイズのK-1に使えるというレンズが紹介がされていました。

その中の一本がDA55です。

もちろん、自己責任ですが、明るいレンズを安く手に入れたかったので、このレンズを購入いたしました。

結論で言うと、大正解でした。

周辺減光はありますが、それを気にしなければ、十分に使えます。

(もちろん、自己責任でお願いします)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

開放付近で撮ると、ボケが楽しめ、絞るとキリッと解像度が上がります。

重たいボディでも比較的軽いレンズで使い回しも楽です。

この組み合わせだけで撮影旅行に行ったことも多くありましたが、幸せな撮影ができました。

標準と言われる50ミリのレンズより若干長い55ミリの画角も結構使いやすくて、ハマってしまいました。

 

最後までありがとうございました。

 

 

 

 

« 台湾旅情 その12 | トップページ | 台湾旅情 その13 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台湾旅情 その12 | トップページ | 台湾旅情 その13 »

フォト
無料ブログはココログ
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ウェブページ